初心者向け FX(為替証拠金取引)!!コツコツ金利を稼ぎたい人。ぼろ儲けしたい人。ここで、FX業者の選び方。為替、政治、経済情報、ファンダメンタル、テクニカルの為替分析まで、実際の取引に役立つ情報をお伝えします。
■フリースペースの説明
 ※このフリースペースは、カテゴリページのみ表示されます。

■フリースペース利用例

▼ リンクスタッフ各社への新規登録で、全員に3000円キャッシュバック中!▼ 検索エンジン登録代行/上位表示でアクセスアップ!
検索エンジン登録代行・検索エンジン上位表示でアクセスアップ! 1980円~!


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
欧州は景況感の把握が大事
民間調査会社であるZEW(欧州経済センター)が経済アナリストに対し調査したものです。向こう6ヶ月の景気見通しに対する予想を回答させ、楽観回答の比率から悲観回答の比率を引いたものです。Ifo指数の1週間前に発表されるため、Ifo指数に対する先行性が見られることから最近注目度が高まっています

注目度大のIfo指数に先行することは、Ifoを占う意味でも大きいといえます!
スポンサーサイト
ユーロ相場を見るならこれ
Ifo研究所が旧西ドイツ約7000社の役員を対象に日本の短観と同様の調査・集計を行ったものです。1991年を100とした指数で翌月下旬に発表されます。内容は生産・在庫・受注・価格・雇用の項目に分かれ、鉱工業生産との関連が高く、また発表も早いためドイツの経済指標のなかで最も注目されています。

これを見ずしてユーロは語れません!指標の信頼性のみならず、相場を動かす要因としても注目度大です!
設備投資に先行
内閣府が毎月発表します。翌々月の中旬に発表されます。通常、額が大きく不規則な動きをする船舶・電力を除いた民需ベースで議論されます。それでも月次の動きにはかなりブレがあるので四半期で平均をとるなど工夫が必要であるといえるでしょう。設備投資に先行して動いているため、その先行指標として代表的なものです。一般的には約半年の先行性があるといわれています。

ドル円相場に対して半年程度の遅効性が見られる変わった指標です。一部では、サイクルをつかみ上手に利用すれば、レンジ相場の反転を予想できる指標ともいわれています。
これが一番の円材料
正式名称は「企業短期経済観測調査」です。四半期に一度発表され、全国の民間企業約1万社に日銀が直接調査を行うため回答率も高く信頼性も高い指標です。景況感や設備投資計画などをヒアリングしたものです。多くの調査項目の中で最も市場が注目するのは業況判断DIであり、企業に景況感を良い、さほど良くない、悪いの3択方式で解答させ、良いという解答から悪いという解答を差し引いた構成比で算出します。製造業の業況判断DIのピークとボトムは景気の山と谷とぴったり一致していて、これが注目される理由でもあります。

日銀発表のため信頼も大きいです。また景気サイクルと一致していることから注目度大といえます!為替取引をしている方は同時に発表される企業の「想定為替レート」はチェックしておきましょう。実需筋が設定するレートの平均を知ることで、どのレベルをターゲットとして売り買いの注文を出してくるかが見えてきます!
速報性があり景気を見るのに注目度大
鉱工業部門の生産動向を指数化したもので総合指数だけでなく、産業別と財別の分類があります。景気総合指数の一致指数に採用されていることからも、景気全般との関係は深いといえます。GDPと比較して振幅が激しく、GDPの発表が四半期ごとなのに対し、毎月発表(スイスでは四半期)されるので、景気実態を把握する指標の速報性という観点からはとても優れている指標の一つです。

GDPとの相関性が強いのが特徴です。米国では発表元がFRBであり金融政策の材料と利用された経緯もあります。
企業のセンチメントを反映
全米供給管理協会(ISM)が製造業約350社の仕入れ担当役員にアンケート調査を実施して作成されています。主要指標のなかでは最も早く発表されること(翌月第1営業日)、企業のセンチメントを反映し景気転換の先行指標とされることから、注目度はきわめて高いといえます。この指数が50%を超えれば景気拡大、下回ると景気後退を示唆するといわれています。

GDPに先行して景気転換を示唆するところは重要です!
その国の経済成長率を把握
国内総生産のこと。ある国において一定期間に生み出された財・サービスの付加価値の市場価格での総額を指します。経済全般の動きをみるには最適の統計ですが、その項目は国によってさまざまです。カナダ以外は四半期ごとに集計され、市場ではおもに前期比もしくは前期比年率が注目されますが、フランスでは前期比伸び率、イギリスでは前期比と前年比の伸び率が注目されるといわれています。

米国では個人消費支出の中で耐久消費財をチェックしましょう。個人消費を把握すると大企業の業績を見極められます。市場動向を予測する上で大きな意義をもつといえます!

物価情勢を語るものの一つ
幅広くPPI(国によっては卸売り物価指数)と呼ばれます。米国では米国労働省が米国製造業者の販売価格の動向を測定・算出した物価指数です。国内製造業者の販売価格を約1万品目について調査。日本の卸売物価が輸送費、流通費を含むのに対し生産者物価は出荷時点での価格なのでこれを含みません。計数は製造段階別に最終財、中間財、原材料に分類され、金融市場では最終財(コア・ベース)の前月比上昇率を最も注目します。
物価上昇→インフレ圧力→利上げ、のサイクル
消費者のセンチメントを探る
米国では民間の経済研究所であるコンファランスボードが発表しています。消費者に対するアンケート調査をもとに消費者のセンチメントを指数化したものです。質問内容は経済・雇用の2項目からなる現在の状況と、経済・雇用・所得の3項目からなる半年後の予想を季節調整し指数化し、この5項目の平均値で発表されます。フランスではINSEE(国立統計経済学研究所)が約2000世帯を対象に電話調査を行います。家計の財政状態・生活水準・購買意欲・雇用・価格見通しなどを調査し、季節調整したものです。

個人消費やGDPとの相関性が強いといわれています!NYダウや国債との関連も深くこれらに半年ほどの先行性を持ちます!
住宅着工件数の先取り
住宅の着工に先立って地方自治体などに許可申請を行わなければならない地域での許可発行数を調査して発表しているのがこの住宅建築許可件数です。米国ではサンプル数1万9000ヶ所で着工許可を受けたうちの98%は実際に着工されていますが、月末時点での未着工の件数も公表されています。住宅着工件数の先行指標となり、景気先行指数にも採用されています。

景気先行指数に採用されるほど景気に関連しています。利上げ、利下げの思惑を膨らませる指標です!

※豪・NZでは住宅建設許可と呼ばれます。
住宅から景気を計る
月中に建設された新築住宅戸数を示す統計です。季節調整済みの年率換算したベースで発表されます。通常は民間保有分の住宅を集計したものです。米国では一戸建てと集合住宅の区別、東部・西部・北東部・中西部と地域別で発表されます。天候に左右されやすく月次の変動がかなりあるのでトレンドを読むには3ヶ月程度の移動平均をとるなど留意したほうがよいでしょう。
金利差相場では、住宅関連が好調→景気拡大→利上げ、の循環を知るきっかけになります!
米国に流れる資本の額
米財務省により毎月集計され、翌々月15日に発表されます。海外から米国の証券(国債・社債等を含む)へ流入した金額を表します。統計時から発表まで時間的間隔があり、速報性には欠けるものの、米国へのフロー(資金の流れ)を把握する上で重要な指標です。貿易収支との比較で判断され、米国へのフローが貿易赤字を十分ファイナンスしているようであれば、貿易収支での赤字幅拡大による為替のマーケットへの影響は限定されることがよくあるといえます。
重要指標の一つ
経常収支と財政収支の2つからなる国の収支から、経常収支(貿易収支・貿易外収支・移転収支)の中で、市場が最も注目する指標です。一般に報道されるのは国際収支ベースの財とサービスの季節調整値です。特にドル安局面時にはその赤字額が話題にあがります。計上基準が米国と他国では異なりますが、指標に関してそれにとらわれる必要はありません。米国の場合、輸出に関して競争力がある資本財に着目しましょう。ドル安によって輸出が伸びるといわれがちですが、為替レートの変化より相手国の景気に依存する方が大きいです。

※イギリスは商品貿易収支・カナダは国際商品貿易と呼ばれる
雇用情勢を知るにはこれが一番
事業所調査によって、非農業部門に属する事業者の給与支払い帳簿をもとに集計された就業者数をさします。失業率とは概念が異なり給与が支払われているか否かが基準となります。集計数は業種別に分類されており、とくに製造業の就業者数に注目が集まる指標です。
「失業者÷労働力人口×100」で定義されています。労働力人口の定義などは各国で異なります。米国では政策変更のきっかけとなることも多く、景気低迷期には発表直後に金融緩和に踏み切ることもあったほどです。ただ景気に遅行するので非農業就業者数や新規失業保険申請件数のほうが統計としては信頼できるといわれています。
経済指標の発表は、為替が動く重要な材料となります。

しかし、「すべての指標が同じように影響を与える」訳ではないことも事実です。 1日の取引全体に影響を与えるものや、大きなトレンドのきっかけになるものもあれば、指標発表後しばらくの間にだけ相場を上下させるこものもあります。たまに、まったく影響を与えない物もあったりします。

日々発表されるこれらの経済指標ですが、国や地域ごとにより、主要な経済指標が発表される時間帯はほぼ固まっています。

ニュージーランドであれば、朝の7時45分頃、オーストラリアは10時30分、イギリスは17時から17時30分、ユーロ圏は18時ごろ、米国は22時30分(夏時間は21時30分)といった感じです。(もちろん、これ以外に発表される指標もありますので、目安です。)

とくに発表される指標や関連ニュースが少ないオセアニア通貨の取引を行う場合は、これらの時間帯には動向をウォッチしたいものです。また決まった時間帯に注目していくことで、その通貨の1日のリズムをつかむこともできます。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。